アクアマリン Aquamarine

~優しい気持ちを引き出し、生活に潤いを与えてくれる~

 

・成分 Be3A12Si6O18

・主産地 ブラジル、パキスタン、マダガスカル、インド、ナミビア、ロシア、他

・別名 藍玉(らんぎょく)、藍柱石(らんちゅうせき)

 

~人間関係を良好にする~

「水」を意味する「Aqua」と「海」を意味する「Marinus」から名づけられたとおり、淡い海水青色が特徴です。

生活や心に潤いを与えてくれるパワーストーンとして用いられるほか、若さ、喜び、勇気を象徴する石としても愛されています。

また、一般的に「3月の誕生石」としても知られています(3月の誕生石を「さんご」あるいは「ブラッドストーン」とする説もある)。

暗い照明でも光を放つので「夜の宝石の女王」という異名を持ちます。

ロシアの女帝エカテリーナⅡ世(在位1762~1796年)の、愛した宝石のひとつと伝えられています。また、航海の安全をもたらす守護石としても高い人気を誇ります。

「エメラルド」と成分がほとんど同じ「ベリル」という鉱物のひとつですが、微妙な元素の違いによって、エメラルドはグリーンに、アクアマリンは淡いブルーの色合いになります。

 

~石言葉とその意味~

「冷静」「沈着」「水難からの解放」

行き詰った人間関係を円滑にし、人生という航海の羅針盤になり、あなたを導く。