アメジスト(アメシスト) Amethyst

~気力も体力も充実させ、魔法のパワーを与える~

 

・成分 SiO2

・主産地 ブラジル、ウルグアイ、インド、ロシア

・別名 紫水晶(むらさきすいしょう)

 

~不安を解消し、体調を整える~

洋の東西を問わず、「高貴な色」として崇められてきた紫色。

その輝きを派なる石として人気が高く、日本では「紫水晶」と呼ばれています。

伝説では、「純白の石の乙女・アメシストが酒の神バッカスにワインを注がれて紫色に染まった」とされ、「バッカス・ストーン」の異名もありますが、化学的には「微妙の鉄分をふくむことにより紫色になっている」ものです。

バッカスに由来するものといえば、古代ギリシャにおいては、「酒を飲んでも悪酔いしないお守り」とされていた歴史があります。

ロシアの女帝エカテリーナⅡ世が愛した宝石のひとつとしても名高く、パワーストーンの世界では、その気品のある美しさから「恋愛成就の石」とされています。

「月ごとの誕生石」には、実は、さまざまな説が存在しますが、不思議なことに「2月=アメシスト」については、多くの説で共通しています。

 

~石言葉とその意味~

「心の平和」「誠実」「楽しい夢」

真実を見極める目を養い、また、明るく幸せな未来を手にすることができる。