アメトリン Ametrine

~孤独感にさいなまれる心に、真の友情を授ける~

 

・成分 SiO2

・主産地 ボリビア

・別名 紫黄水晶(しおうすいしょう)

 

~バランス感覚を取り戻す~

1980年代に、ボリビアで発見された不思議な石が「アメトリン」。

現在でもボリビアでしか産出されていません。

その名称から推測できるように、紫色をした「アメジスト(紫水晶)」と、黄色い「シトリン(黄水晶)」とが合体した変り種ともいうべき石です。

ふたつの色が、ひとつの意思に入っているので、「バイカラー・クォーツ」として珍重されています。

天然のアメトリンは、きわめて希少なものであるため、当然、人気が高いというわけです。

そのため、市場に多く出回っているアメトリンには、人工的に加工されたものも少なくないといいます。

その色合いから「友愛」「協調」「平和」の象徴とされることが多いようです。

また、「希望を叶えてくれる」「幸福をもたらしてくれる」パワーストーンともいわれています。

 

~石言葉とその意味~

「友愛」「希望」「平和」

人との信頼関係を築く。協調性をもたらす。争いごとを回避することができる。