オブシディアン Obsidian

~ピンチのあとにチャンスというときの強い味方~

 

・成分 SiO2+CaO,Na,K

・主産地 メキシコ、アメリカ、アイスランド

・別名 黒曜石(こくようせき)

 

~不安を解消し、光明を示してくれる~

世界中の火山のあるところで産出されているガラス質の鉱物です。

古代においては、矢尻や槍の先の部分など、武器として使われていましたが、ただ実用性だけを求めたものでなく、魔よけの石と信じられていたことにもよります。日本でも、旧石器時代の武器として利用されていました。

瞬発力や集中力を高めるパワーストーンとされ、戦いに臨む人が身につけて戦地に向かったといわれます。

一説には、「戦場でアパッチ族の兵士が流した涙が結晶してできた宝石」という伝説もあります。

現代社会でいえば、ここ一番の大勝負や、仕事の大事な局面を迎えた人に知力と体力を授けてくれると考えられるでしょう。

その真っ黒い色から、「闇夜の不安を解消し、光明を示してくれる石」とされ、指針とともに困難を乗り越えるパワーを与えてくれると信じられています。

 

~石言葉とその意味~

「勝負」

勝負に勝つためには、知力、体力だけでなく、天の時、地の利、人の和も戦力。